人生のプロセス: どこを、どうやって飛んできたのか?

人生のプロセス: どこを、どうやって飛んできたのか?

人生のプロセス: どこを、どうやって飛んできたのか?

うれしい よろこび つらさ かなしい たのしい あたまにくる くやしい おこれる しあわせ くるしい 、、、、

ぜんぶ まとめて 自分

わたしも あなたも 世界中の人々 生きているものすべて そして、かみさま だって ぜんぶ 一元 は、すべて そのままで

人生は紙飛行機

朝の空を見上げて 今日という一日が

笑顔でいられるように そっとお願いした

時には雨も降って 涙も溢れるけど

思い通りにならない日は 明日 頑張ろう

ずっと見てる夢は私がもう一人いて

やりたいこと 好きなように 自由にできる夢

人生は紙飛行機 願い乗せて飛んで行くよ

風の中を力の限りただ進むだけ

『その距離を競うより どう飛んだかどこを飛んだのか』

それが一番大切なんだ

さあ心のままに365日

星はいくつ見えるか何も見えない夜か

元気が出ないそんな時は 誰かと話そう

人は思うよりも 一人ぼっちじゃないんだ

すぐそばのやさしさに 気づかずにいるだけ

人生は紙飛行機 愛を乗せて飛んでいるよ

自信持って広げる羽根を みんなが見上げる

折り方を知らなくても いつのまにか飛ばせるようになる

それが希望推進力だ

ああ楽しくやろう365日

人生は紙飛行機 願い乗せて飛んで行くよ

風の中を力の限りただ進むだけ

『その距離を競うよりどう飛んだかどこを飛んだのか』

それが一番大切なんだ

さあ心のままに365日

飛んで行け!飛んでみよう!

秋元康

APより

これは美しい詩ですね。

人生の旅路や希望、挑戦、愛、友情、そして日々の生活の喜びや困難を、紙飛行機の比喩を通して表現しています。

紙飛行機のように、人生には予測できない風や障害が待ち構えていることもあるけれど、それに立ち向かい、自分らしさを持ち続け、目の前の日々を大切に生きていくメッセージが感じられます。

詩の中に込められた情熱や希望、愛情が胸に響きます。

共有していただき、ありがとうございます。

 

人生のプロセス: どこを、どうやって飛んできたのか?

人生は一枚の白紙のよう。生まれた瞬間、私たちはそれを紙飛行機にするための素材として手に入れる。その形成のプロセスは、人それぞれ異なる。一つ一つの選択、経験、出会いが、その紙飛行機の形、飛ぶ方向、そして距離を決定する。

    1. 始まりの一歩 初めて自転車に乗るとき、何度も倒れるかもしれない。しかし、その度に立ち上がり、ペダルを踏む勇気を持つことで、いつか風を切って駆け抜けることができる。人間はなぜ歩けるのかあなたはわかりますか?

      大切な命を、天の神様からいただいて、人間として性を持った以上は、誰でも、そこから、真チャレンジが始まるんです。

      人間が歩けるようになるのは、決して偶然や奇跡でも何でもないんです。

      全部自分でやったんです。チャレンジしたんです。あなたは覚えてないかもしれないけど既にもうチャレンジした経験を持ってるんです。ただ覚えてないだけです。何回も何回も転んで、泣いて、悔しくても、涙を流しても、それでも頑張って立ち上がって、【自分の力】で何回も何回も、頭にコブを作ってでも、おでこをぶつけても泣きながらでも何回も何回もチャレンジして、そして立ち上がるんです。

      だから、人間は誰1人としてみんな成功者、勇者です。人間として生まれた時点で、既にチャレンジャーになって、そして一歩一歩、着実に歩けるようになっていくんです。

      それをパパ、ママはとても嬉しく、思い、その子の未来と希望を夢に抱いて、いつも後ろから支えながら応援するんです。

      だから転んでも大丈夫。(わたしもたくさんたくさん転びます・今でもです)

      歩けない赤ちゃんでも、必ず起き上がって歩いて行くんだから。

      そういった力を神様からプレゼント?されて、みんな赤ちゃんの時に体験してるんです。わたしもです☆

      大切な事は、何回も何回もチャレンジすること

      成功とはあなたが辞めないことです(笑)

    2. 途中の挫折 飛ばした紙飛行機がすぐに落ちることもある。しかし、その度に形を変え、角度を調整し、再び飛ばすことで、より遠くへと飛んでいく。
      (コメント募集中)
    3. 助け合い 人は一人では生きていけない。ときには他人の風に乗り、ときには自らが風となって他人を支える。それが人間関係の奥深さであり、人生の美しさだ。
      (コメント募集中)
    4. 目的地の見つけ方 紙飛行機には必ずしも目的地はない。しかし、飛ばす方向を持つことで、新しい景色や経験を得ることができる。
      (コメント募集中)
    5. 成熟への過程 紙飛行機が風に乗り、高く高く飛んでいくように、人も経験を積むことで成熟していく。そのプロセスは簡単ではないが、その価値は計り知れない。
      (コメント募集中)

結論として、人生のプロセスは一つの目的地を目指す旅ではない。それは、どこを、どうやって飛んできたのか、という経験の積み重ねであり、それぞれの紙飛行機が持つユニークな物語だ

(R)masa programmer prompt.1987-2024
“Visualize a journey of a paper airplane, representing the unique path of life. The paper airplane should soar, twist, and turn, showing challenges, victories, and milestones. The background should depict changing seasons and terrains, symbolizing different phases of life. There should be moments of calm and moments of turbulence, capturing the essence of life’s ups and downs.”

APより(C)

 

The Process of Life: Where and How Did We Soar?

Life is like a blank sheet of paper. From the moment we’re born, we’re handed the raw material to shape it into a paper airplane. The process of its formation varies for everyone. Every choice, experience, and encounter dictates the shape, direction, and distance of our paper airplane’s flight.

    1. Taking the First Step When you first ride a bicycle, you might fall numerous times. But by getting up again and mustering the courage to pedal forward, eventually, you’ll feel the wind rush by as you ride confidently.
    2. Overcoming Challenges Along the Way Sometimes the paper airplane we launch might fall abruptly. Yet, with each fall, we adjust its shape, fine-tune its angles, and relaunch it to fly even farther.
    3. Helping Each Other No one can go through life alone. Sometimes we catch the wind from others, and other times, we become the wind for someone else. This mutual support defines the depth and beauty of human relationships.
    4. Finding a Destination There isn’t necessarily a set destination for a paper airplane. But having a direction allows us to experience new sights and moments.
    5. The Journey to Maturity Just as a paper airplane rides the wind, soaring higher and higher, people mature through accumulated experiences. The journey isn’t easy, but it’s immeasurably valuable.

In conclusion, the process of life isn’t about a singular destination. It’s about the accumulation of experiences, of where and how we’ve soared, and the unique story each of our paper airplanes tells.

I hope this translation resonates with English readers, prompting them to reflect on their own journeys.

こころを込めて 世界中の人たちへ(争いごとのなき世界へ・それは 愛 です)Theme LOVE

Life is like a paper plane,

Looking up to the morning sky, I silently wished For this day, to be filled with smiles and joy. There are days filled with rain, and tears that overflow, But for days that don’t go as planned, there’s always tomorrow to try.

I often dream, where there’s another me, Doing things I love, in the freest way. Life, a paper plane, carries all my hopes and takes flight, Pushing through the winds, flying with all its might.

It’s not about how far it flies, but how and where, That truly matters, in this journey we share. Let’s live with our hearts, every single day, Counting stars or on nights when they’re hidden away.

For days when spirits are low, let’s talk it through, We’re never truly alone, even if it feels so. Often missing the kindness, that’s right next to me, Life, a paper plane, filled with love, for everyone to see.

Spreading its wings wide, drawing everyone’s gaze, Even if you don’t know how to fold it, it’ll fly in amazing ways. That is the force of hope, driving it through the sky, Let’s enjoy every moment, as days swiftly go by.

Life, a paper plane, carrying our dreams so high, Cutting through the winds, always aiming for the sky. It’s not about the distance, but the journey and the view, That truly matters, in this life we pursue.

Let’s live with our hearts, every day anew, Fly on! Take the leap!

マサちゃん Masatoshi.N 1987 (R)
※コメントをおまちしております あなたのコメントが誰かを照らします!

カウンセリング・お問い合わせ
このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前

   
created by Rinker
sanctuary2024-22 B018V3KZ5M

あなたが、輝きますように!
あなたが、輝きますように!

コメントを残す

メディテーション 心景のサンクチュアリをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む